カナダ就職

カナダ就職

バンクーバーのスタートアップで働き始めて感じたこと

先週からバンクーバーのスタートアップ企業で働き始めました。良くも悪くも色んなカルチャーショックを受けることができたので、まとめてみます。
カナダ就職

日本で営業マンだった僕が、カナダでプログラマーとして職に就くことができるのか

カナダに来て早くも11ヶ月が経過しました。ようやく仕事をみつけることが出来たので、日本で営業経験しかない僕が、どのようにカナダでプログラマーポジションに就くことができたのか紹介します。
カナダ就職

バンクーバーでプログラマーを目指して就活を行なった際の面接質問まとめ

バンクーバーでプログラマーを目指して、約10社ほどと面接しました。その中で感じた面接の傾向とよく聞かれる質問をまとめました。
スポンサーリンク
カナダ就職

短パン・サンダルで面接受けたら落ちた話

先日人生の初めてのプログラマーとしての面接をバンクーバーで行いました。結局、そこで採用ということにはなりませんでしたが、学びも多かったので、まとめてみました。
カナダ就職

海外就職で必須の「コネ」の作り方!効果のあった4つの方法!

今回は海外就職で必須となる、「コネ」の作り方についてです。 日本でコネと聞くとマイナスなイメージがあるかなと思います。 しかし、カナダの就職では、コネがないとなかなか就活の入り口にも立たせてもらえない事もあります。そこで今回は、海外就職で必須の「コネ」の作り方をご紹介します。
カナダ就職

海外就職を舐めて見事に85社にフラれたKさんの失敗事例

今回はカナダ就職事情の失敗事例についてです。僕は完璧にカナダでの就職を舐めていたので、トータル85社にフラれることとなりました。これから海外就職を検討している方の反面教師になればと思います。
カナダ就職

英語って「スキル」ではなくて「選択肢を増やす道具」なんだなと悟った件

ある面接で、海外就職において、「英語が話せる」ことはスキルではないんだなという事に気付きました。ただ同時に英語はスキルにはならないけど、「選択肢を増やす」効果はあるので、勉強して損はないかなとも感じます。今回は僕が感じた事を記事にしました。
カナダ就職

カナダ就職にはLinkedInを使ったウザいくらいのアピールがちょうどいい?

今回はカナダの就職活動に必須の、LinkedInを使った、自己アピールの方法です。いくらレジュメとカバーレターを頑張って作っても、人事の目に止まることがなければ面接にたどり着けません。この記事ではLinkedInを使った人事とのつながり方を説明します。
カナダ就職

TOEICの点数で海外就職できるかを判断するのはナンセンス?

今回は海外就職に必要なTOEICの点数についてです。実際に就職活動をしていると、TOEICの点数なんかよりもっと必要なものがあるのではないかと思ったので、まとめて見ました。
カナダ就職

「転職の思考法」を読んだ上で日本とカナダの転職について思うこと

転職の思考法という本を読んでみました。基本的に良書なのは間違い無いですが、さらに現在カナダで就職活動中の僕にとってはとても考えさせられる一冊となったので、紹介致します。