カナダの会社の働き方は量より質?ワークライフバランスについて

カナダ生活

バンクーバーに来て、すごい苦労して仕事を見つけましたが、仕事が始まったら始まったで、
仕事が人生の全てじゃないよという事に気づかされました。
日本と比べると本当に。

そもそもワークライフバランスという言葉がカナダには存在するのか。
ワークとライフのバランスというか、ワークは本当にライフの一部分でしかないように見えます。
仕事の時間、家族の時間、趣味の時間という線引きがしっかりされている印象です。

どちらかというとこの考え方がグローバルスタンダードだとは思うんですが、日本とのギャップにカルチャーショックを受けます。

このカナダの働き方のカルチャーショックについてまとめてみます。

スポンサーリンク

早く来たらその分早く帰る

当たり前っぽく聞こえることですが、日本ではあまり機能していないような感じがします。
そもそも日本の会社では1分の遅刻でも許されないことがありますが、早く来ようが定時までいるのは当然です。

ただ今働いている会社では、基本9時17時ルールはありますが、プラマイ2時間くらいなら自分の都合に合わせて出勤退勤していいことになってます。
例えば8時に来て16時に帰るとか、10時に来て18時に帰るとか。

これがいいのは、平日に自由な時間を自分の力で作れる事。

最近行ってみていいなと思ったのは、水曜日は早く帰って夕方に掃除とか全部の家事をやってしまおう作戦です。

妻も僕も水曜日は早く帰って来て、今まで週末に行っていた洗濯、掃除を水曜日の夕方にやることにしました。
こうすることで、週末は全て自由に使うことができます。地味ですが、すごいインパクトがでかいです。

また先日、妻の誕生日にもこの「早く来て早く帰る作戦」を使用しました。

理由は観たい映画が17:15からしかなかったからです。

映画の為に、仕事の時間を調整できる日が来るとは思ってなかったです。
普段の映画より1.2倍くらい楽しめた気がします。本当に。

ワークフロームホーム

日本にいる時も一応外資系で働いていたので、こういう言葉が存在することは知っていましたが、なんだかんだ使った事はありませんでした。
(休暇中にもメールが気になっちゃって仕事をする、いわゆる超強制的なワークフロームホームはありますが)

今働いている会社では、基本出社しますが、作業系の業務を1人でガツガツやりたい時は家でやってもいいよという事になっています。

こんなこと言って、本当にみんな使うのかよと思ってましたが、ボス自体も急に「あっ今日家でやるわ。」という感じで積極的に使っているので、僕もやりやすいです。

こういうのを見ると、日本と比べてマネージメントの方法が根本的に違うなと感じます。

日本の場合は、マネージャーが色んな細かいルールを作ってその通りに動かせたい。というのが強い気がします。
それと比べて、カナダでは自分が一番効率よく出来る方法を自分でみつけてそれでやってくれという感じ。

どちらにもメリット、デメリットはあると思いますが、今はカナダのやり方が新鮮で楽しいです。

ただワークフロームホームに関しては、個人的には会社行ってやった方が捗るなと感じました。
なんかこう仕事のスイッチが全然入らないんですよね。

最初はパジャマのまま仕事を開始したのですが、これがダメなのかなと思って、シャワー浴びて着替えてみたけどこれでもダメ。

外の空気を吸わなきゃダメなのかなと思って、軽く散歩したけどこれもダメ。
結局ダメダメでした。

そのまま4時半頃に終わらせて、すぐに髪切りにいって、ジム行って帰って来てまだ6時という事に気づいた時はハッピーな気分になりました。
(床屋が7分くらいで終わったというのもあるけど)

じゃあカナダの会社は全然働かないのか

こんなに自由で、カナダの会社は全然働いてないじゃないかと言うと、そうでもない気がします。
メリハリがしっかりしている印象です。

日本にいると会議がない日がないのではと思うくらい、毎日何かしらの会議がありました。
有意義なものもあるけど、その時間といい、準備といい結構時間がかかってたなという印象です。

これに対して、今の会社では基本的にがっつりミーティングというものがないです。

朝サクッとやること話して、あとの進捗は随時スラックで報告。

まぁ実際はカナダというより、今働いている会社の規模が小さいからこうなのかもしれませんが。

実際、妻は大きな会社で働いていますが、少し日本に似ているなと感じることがあります。
全員強制参加の会議があったり、社内政治的なのに振り回されたり。
結局大企業病というのは、どの国にもあるんだなと思います。

カナダ生活
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント

  1. うきおじさん より:

    そういえば奥さんなんの仕事についたの?