バンクーバーの世界住みやすい都市ランキング上位は本当でした

カナダ生活

今日はバンクーバーに来て一番幸せを感じた日でした。

簡単にまとめると、

朝ジム行く。空いてたので、全部が予定通りうまくいった。

帰って家でテレビつけたらテニスやってたので、ワウリンカさんの試合を見る。とてもいい試合。

昼、昨日作っておいたカレーを食べる。(昼ごはんの準備しなくていい)

午後ビーチで光合成。ビーチまでは徒歩10分くらいで行ける。

その後、テラス席があるカフェでカプチーノ飲んで若干気持ち悪くなる。(テラスが気持ちよかったので、プラマイゼロ)

夕方少しNBAのファイナルを見る。ちょうどトロントが負けたシーン。正直そこまで興味なし。

その後近くのコートでテニスをする。これまた徒歩2~3分。

夜ご飯は残りのカレーでカレーラザニアもどきを作る。
(昼と夜完璧に同じだと、妻に文句を言われる為、ラザニア風に。正直チーズ入れておけば、OK的なところあり)

ほんと気分のいい休日でした。

なにが言いたいかというと、初夏のバンクーバーが最高ということです。

スポンサーリンク

住みやすい都市バンクーバーの本領発揮は5月から?

世界住みやすい都市ランキング

僕は、正直このランキングにあまり納得していませんでした。

バンクーバーに来たのが8月末で、そのまますぐ学校に通い始めて、始めの1~2ヶ月はバタバタしてたんですね。

そして10月くらいになると、まわりの人が「やばいよ、やばいよ、もう冬だよ。」
みたいな事を言い始めるわけですよ。みんな出川になる。

僕的にはそこまで寒くもないし、想像してたより雨も降ってないから(まぁまぁ降ったけど)平気な顔してました。
けど、ほんとにみんなが「やばいよ、やばいよ」言うもんで、徐々に僕も、気持ちが参って来ました。

そして、1月から就活始めて、これがまたうまくいかなかった為、もう完璧に気持ちが滅入ってました。

(気が滅入っていた時に書いた記事はこちらです)

まぁそんな事もあり、「何が住みやすい都市だよ!」
とか愚痴ばっかり言ってました。

で、そこから徐々に春になって初夏になってきた今。
どんな風に感じるかと言うと

すいません、バンクーバーさん。
「住みやすいです」

バンクーバーの初夏が最高な理由

21時まで明るい

今6月に入った時点で、5時に日が出て、21時まで明るいです。

これがほんとにたまらんです。

20時からテニスとかできます。

今まで僕も妻もテニスなんてしたことなかったけど、始めちゃいました。
目指せワウリンカ!

日本でどんな感じか知りませんが、その辺にテニスコートがあって、タダでできます。

致命的にサッカーをできるところは少ないですが、至るところにスポーツができるところがあるので、快適です。
その辺にめちゃくちゃ綺麗なランニングコースがあるし。

圧倒的な開放感

あとは冬の雨シーズンとは対照的に晴れの日が多いので、一気に人々が開放的になります。

ビーチに行くと、みんな光合成しています。


太陽の光をびっちし浴びて、寝っ転がっているだけでなんだか幸せな気分になります。不思議です。
家に帰って鏡を見ると、中学生の夏休みのような、ばっちりTシャツ焼けをしております。

あとは単純に海もあって、山もあるってなんか困らないんですよ。自然に。
朝から海と山を見ながら学校に行くとそれだけで、幸せになります。単純ですが。

食で困ることがない

これは全く初夏とか関係ないですが笑

結構「住む」ってなると重要な気がします。

いくら自然豊かで幸福度が上がる場所でも、納豆とキムチが手に入らなかったら、僕は生活できないなと思います。

その点、バンクーバーには日系のスーパーがあって、納豆もキムチもカレールーも買えます。

ということで、食が合わないとかの問題はまず起こりません。

最近日本から友達が何回か来たり、こっちでできた友達が日本に旅行にいくということで、「なんか買って来て欲しいものある?」って聞かれるのですが、見事に「ないです」という回答しか出て来ません。

ということで、住みやすい都市ランキング上位はあながち間違っていませんでした。という記事でした。

治安は完璧とは言えないけど。

カナダ生活
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント

  1. うきおじさん より:

    日本はこの時期、毎日アジアの風を感じます(湿度
    ゴールデンウィークくらいの時期って気持ちいい?

    • Kota Kota より:

      ちょうどゴールデンウィークあたりが一番読めない笑
      一昨年ゴールデンウィークに旅行で来た時は、まぁまぁ寒かった笑

  2. […] […]