カナダで就職したら本当に残業しなくていいの!?

カナダ就職

今回はカナダ企業の残業事情についてです。

バンクーバーは雨のシーズンとなって16時過ぎには暗いです。

どんよりとした季節がやって来ました。

僕はこれを逆手に取って、暗くなったら帰ることにしてるので、

いつもより早く帰れてハッピー気分です。

(まぁインターンなので、早く帰っても誰も気にしないだけですが)

 

さて今回は、そうです。残業についてです。

カナダの企業で働くと本当に残業がないのか!?

という疑問を僕の経験談を交えてお話しします。

※僕だけの情報だとうっすくなるので、周りの人達からの情報も

あたかも自分が体験したかのように話します。ご了承ください。

結論から言うと

「基本的にない」

です。

結論から言ってしまいましたが、なんで残業がないのか

ちょっとまとめてみます。

スポンサーリンク

カナダの企業に残業がない理由の仮説

僕も最初は本当に残業がないのか半信半疑でした。

当初僕が考えていた仮説と実際どうだったのか簡単にまとめてみます。

仮説1: カナダの企業は始業時間が早いのではないか?

残業がないと言うことは、もしかして朝が早いんじゃないかと

朝が弱い僕は不安に思っていました。

ただし

しっかり9時開始って会社が多いです。

ということで最初の仮説は間違いでした。

 

ただ、朝早いカナダ人は結構多い気がします。

それではその人達は何をしているのか。

みんな走ったりジムに行ったりしてます。早朝から。

 

僕も一度朝の方がジムが空いているんじゃないかと思って、

早朝ジムに挑戦したことがあります。

6:30にジムについて、

「さぁ貸切状態かな〜?」って思ったら

いつにも増して、ガチ勢がたくさんいました。

 

と言うことで、まとめると

みんな朝は早い。けど仕事に行くわけではなくてジムに行ってる

でした。

 

仮説2: カナダの企業では無駄話をしないのではないか?

もしかして、みんな効率を求めて無駄話をしないのでは?

というのが次の仮説です。

実際は、

めっちゃ無駄話します。

何かと理由をつけて無駄話してる気がします。

  • 月曜の午前中だから頭が回らなくて ダハハハハ
  • 週の真ん中で疲れちゃって ダハハハ
  • 金曜日はもう仕事って気持ちになれなくて ダハハハ

みたいな感じで、いろんなとこでゲラゲラ笑い声が聞こえます。

ということでこれも残業がない理由にはなりません。

実際カナダ人はどのように残業を無くしているのか?

それではここからは、実際にどのように残業を無くしているのか

事例を紹介して行こうと思います。

そもそも定時に終わらせるのが仕事

僕がインターンをしている場所は17時が定時です。

基本的に何かタスクを与えられると、上司と16時からミーティングをセットされます。

要するに「16時までに終わらせてね」というメッセージになります。

 

そうすると僕は

「16時までになんとかうまいこと説明できるように頑張ろうと思います。」

 

周りの人と話していても思うことは

そもそも残業っていう概念が頭にないから、しっかり17時までに何かしら形にする

っていう意識を持って仕事に取り組んでいる気がします。

 

これが、残業が普通にあると、

「今日は20時くらいまでに終わらせればいいかな〜」

と思ってだらだら仕事をしちゃうってこともあるんじゃないかなと思います。

僕だったら確実にこうなります。

(そもそも仕事量が異常すぎて残業せざるを得ないってこともあるかとは思いますが。)

カナダ人はメリハリがすごい

そしてこの「絶対に17時までに終わらせる」と決めた時の

カナダ人のメリハリの付け方はすごいです。

 

先ほど無駄話をめっちゃすると言いましたが、

そんな人でもいきなり静かになって、

昼もりんごだけ食ってパソコンに向き合ってることもあります。

 

そもそも時間オーバーするって考え方がないので、限られた時間で

めっちゃ集中するってのがカナダ人のやり方なのかもしれません。

 

シンプルに仕事が第一優先じゃない説

ここまでちょっとカナダ人の働き方を美化して書きましたが、

もしかしたら

「仕事は別にそんな重要じゃないし〜」

って思ってる人が多いっていう可能性もあります。

 

僕のインターン先は教育機関なのでありませんが、

友人がインターンを行なっている広告代理店では、金曜日の午後は

ピザ食べてビール飲んでもいいことになってるということでした。

 

日本人としては「働き方」って部分でギャップがありますが、

カナダ人としてみたら、「生活の一部分を楽しむのが何が悪い?」

っていう考え方なのかもしれません。

まとめ

当然業種によってはたまに残業しなくちゃいけないって仕事もあるとは思いますが、

基本的にカナダ人には端から残業するって考えがないというのが結論です!

ちなみにワークライフバランスについては下記記事で詳しく書いています。

ということで現場からは以上です。

※下の”海外就職”バナーをクリックして頂けると、
より多くの海外就職を検討している人に
このブログを読んでもらうことが可能となります。
よろしくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村

カナダ就職
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント

  1. […] […]