僕がカナダ・バンクーバーで家を見つけた方法 長期編

カナダ生活

以前、「カナダでの家探し短期編」という記事を書いて、そのままになってしまっていたので、

今回長期編を書きます。

短期滞在編はこちら

結局このCraigslistで見つけたアパートに1ヶ月滞在しました。

その1ヶ月でこの先ずっと住むことになるアパートを探したということになります。

しかし、このアパート探しがめちゃくちゃ大変でした!

ということで、このアパート探しの過程をまとめてみました!

スポンサーリンク

バンクーバーの不動産事情

そもそもバンクーバーは家賃がめちゃくちゃ高騰していることで有名です。

リッチな中国人が不動産投資として、物件を買い漁ってることも問題みたいです。

魅力的な街であることは間違いないので、どんどん人が増えて、さらに家賃が

高くなって、今に行き着いたって感じだと思います。

その為、バンクーバーでのアパート探しは想像以上に大変です。

僕らの部屋探し条件

そもそもの僕らの部屋探し条件は

  • シェアは嫌だ
  • ダウンタウン徒歩圏内
  • 予算 1,500カナダドル(日本円で13万くらい)
  • 予算 1,700カナダドル(日本円で14万ちょいくらい)

この三点です。

まず妻と二人で暮らすので、シェアハウスは除外しました。

あと、通勤の為に電車に乗ったりすることが嫌なので、ダウンタウン徒歩圏内。

(もう通勤ラッシュからはおさらばしたい)

予算は、当初1,500ドルで探してましたが、考えが甘すぎたので修正!

都内の家賃より若干高い感じがしますが、東京と比べるとまず部屋の広さが違います。

バンクーバーの部屋探しに使えるWebサイト

これは結局短期での家探しの時と同じです。

使えるWebサイトはCraigslistとなります。

トロントなどでは、Kijijiというもっと新しいサービスが使われているようですが、バンクーバーではいまだにこのダサいCraigslistが主流です。

Craigslistでの競争率が激しすぎる

ただ、このCraigslistをみんなが使用している為、競争率はものすごい高いです。

あるカナダ人の女の子からは、

「Craigslistに投稿されてから、1時間以内に返信しないとダメよ」

と言われました。

その為、ある週末は妻と一日中Craigslistの画面にかじりついていました。

そういう努力が実って何件かの物件の内覧アポを獲得!

ただし、実際に行ってみると、同時に何組かのカップルと見学するというパターンが多かったです。

多分オーナーもたくさん連絡もらってるので、同じ日にいっぺんに見学させた方が効率いいんでしょうね。

ただ、この競い合っているギラギラ感がちょっと嫌でした。
結局この方法ではいい物件を見つけることは出来ず。

不動産会社はどうなのか

Craigslistと同時に、不動産会社にも話を聞きに行きました。

これでスムーズに家が見つかるかなと思ったんですが、
どの不動産会社でも、現在の雇用状況などを聞かれて、色んな情報を求められます。

僕らは二人とも無職なので、それを伝えると

「うーん、ちょっとボスに相談してみる」となります。

こうなると一気に対応は遅くなります。

単純にイライラしたので、この方法はすぐにやめました。

ただし、すでに職が決まっている人にはこの方法はありかもしれません。

結局、足で稼ぐ作戦!

ということで、僕らは最終的にとても原始的な作戦に切り替えました。

その名も

アパート飛び込み内覧作戦です。

バンクーバーでは、アパート契約にみんなが必死というのは周知の事実です。

その為、アパート運営側も部屋が空きそうになると、近いうちここ空きますよっていう小さな看板をアパートの前に出してくれます。

そこには電話番号も書いてあるので、その看板をひたすら探して、電話してすぐ見学させてもらうという非常に原始的な作戦です。

結局この原始的な作戦が一番効率良かったです。
一旦管理会社の人と繋がることが出来ると、その人が同じエリアのアパートを複数管理していることが多いので、
いっぺんに何個かの部屋を紹介してくれることもあります。

僕らはこの作戦で、ダウンタウンにも歩いていけるアパートを見つけることができました!

まとめ(根性論)

結局バンクーバーでの家探しのコツは、

「すぐに行動する」です!

なんのアドバイスにもなってませんが、実際に僕が感じたことはこれです。

Craigslistにしても、街を歩いて内覧できるとこを探す場合も、結局早いもん勝ちです。

いい物件を見つけたら、すぐにメールor電話して内覧させてもらいましょう。

アパート運営会社は電話すれば、結構すぐに内覧させてもらえます。

ということで、バンクーバー家探し長期編でした。

現場からは以上です。

カナダ生活
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント

  1. […] […]