会社生活に疲れ切っていたら、アメリカでロードトリップをするべき4つの理由

未分類

こんにちは

この記事は、サラリーマンにロードトリップをとにかくお勧めしたいという為だけに書きました!

特に仕事を辞めた人、今の仕事を辞めたい人向け!)

現在アメリカでニートマスオさん状態の私ですが、

有り余る時間を利用して妻とロードトリップに行ってきました。

期間は1週間ほどで、コロラドからユタに入りまたコロラドに戻ってくるといった行程です。

モニュメントバレーなどの有名観光スポットを回るのが目的でございます。

国立公園などは全て圧倒的な魅力があり凄いのですが、

とにかく僕は”ロードトリップ”にものすごく魅了されました。

ロードトリップは人生を変えるといっても過言ではありません。

日々仕事に追われているサラリーマンにはロードトリップをオススメします!

(かかった費用などもさらっと紹介します)

スポンサーリンク

日常生活では味わえない達成感を味わえる!

基本的にある程度どこに行くかを決めて、夜寝る宿を取っていますが、

そこまでの道のりは全て初めてとなります。

ナビはありますが、いきなりとんでもない山道になったりして予測不能です。

その為、とにかく目的地に着いただけで、謎の達成感を得ることができます笑

日常生活で(特に仕事をしている時)達成感を得られるのは、仕事の目標達成した時とかで、結構頻度は少ないと思います。

ただし、ロードトリップでは毎日、いや数時間ごとに味わえてしまうんですね。

かの有名なモニュメントバレーに向かう道中では、途中でとんでもない風に襲われました。

周りは砂漠に近いので、土がガンガン舞って何も見えません。

手汗まみれでハンドルを握ります。その状態で1時間くらい運転してました。

すると視界の先にうっすらと何か見えてきたではないですか。

f:id:kota3316:20180813011153j:plain

この瞬間、おぉモニュメントバレー見えてきた!と大興奮!

かなりハイになります。そうです。これが謎の達成感となります。

1日1日が全く違うものとなる

ロードトリップでは、ある街をスタートして違う街にゴールします。

基本これの繰り返しです。

毎日が違う景色でスタートして違う景色で終わります。

普通の旅行では、一つのホテルを拠点に街をうろうろするのが基本だと思います。

すると旅の後半では、なんかもうこの街のことほとんどわかったぜーみたいな調子乗りモードになることが多いです。(こういう旅も好きです)

ただしロードトリップでは、こんなことはあり得ません。

昨日砂漠みたいなとこを運転してたのに、今日は川沿いのがけのような場所を運転することもある。

また道路の横にずっと鹿がいて、ただならぬ緊張感の中運転することもある。

こちらもまた日常生活に置き換えると、毎日朝起きて、同じ時間に会社にいって、同じ景色をみて家に帰る。

毎日景色が変わるってなかなかないですよね、人生において。

ロードトリップは1週間だけでも7回違う景色で朝を迎えることになるので、密度が濃いなぁという気分になれます。

とんでもない人に出会うチャンス

これは前回のカナダでの話ですが、僕らはヒッチハイカーを車にのせました。

それまでも道で数多くのヒッチハイカーをみては、スルーしてたのですが、

乗せたら面白そうだね、次道で見て、やばそうな人じゃなかったら乗せてみようかと妻と話していました。

するとその話をしていた5分後くらいに、道にヒッチハイカーが現れました。

少しスピード落として、妻の顔を確認してみると、OK!という表情だったので、乗せることに決めました!

(多分彼がイケメンだったので即決だったんだと思います)

ヒッチハイカーは23歳くらいのドイツ人でした。

話を聞いてみると、彼の旅が壮絶すぎてとんでもなく刺激を受けました。

彼曰く、テキサスあたりで友人から車を買い取り、アラスカまで車で旅をしていたそう。

基本宿は取らないで、車で寝泊まりをしていたとのこと。

そして車を売って、今からドイツに戻るということ。

ここまででかなりクレイジーですが、ドイツに戻る方法がさらにかっこよかったです。

どうやらカナダからポルトガルまでいく大型船で短期の仕事を見つけたようで、

その仕事をしながらヨーロッパ入りするということ。

仕事は旅をしながら見つけたということでした。

おそるべし、行き当たりばったり感。

アメリカでは危険な香りがして、ヒッチハイカーを乗せてはいませんが、

こんなとんでもない人に出会うチャンスも旅ならではかと思います。

普段仕事していると、なかなか予想外の出会いというのは少ないかなと思います。

旅していると細かいことどうでもよくなる

これはもう実際に壮大な自然を目の前にすると、なんか色々どうでもよくなります。

実際にいって見て感じてもらうしかないですが。

最終的には、これが会社生活に慣れきった自分には一番効果があったかもしれません。

どれくらいお金使うの?

最後にかかった費用ですが、

レンタカー:3週間くらいで450ドル(1週間だと当然もっと安くなります)

ホテル:1週間で600ドル(二人で)

ガソリン:1週間で200ドル弱

食費:1日20ドルくらい(朝はモーテルで、昼はスーパーで材料買ってサンドイッチを食べてました)

これを複数人で割ると考えると、そこまでめちゃくちゃお金かかるという訳ではないのがわかると思います。

まとめ

会社に勤めていると、頭の中が本当に仕事だらけになると思います。

(僕はそんなことないと思っていても、今回の旅で、今までどれだけ仕事のストレスを抱えていたかに気づかされました。)

それに対して、ロードトリップ中は、普段の会社生活の何倍もの濃さで一日を過ごすことになります。

すると、今まで本当に同じような毎日を過ごしてきたなぁ。

よく耐えられたなぁとそんな気持ちになります。

それに気づけるだけでロードトリップ大成功だと思います!

ぜひこの記事を参考にして頂き、ロードトリップして頂ければと思います!

未分類
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント