僕がカナダでアパートを見つけた方法 短期編

こんにちは

現在、コロラドにある妻の両親の家でマスオさん状態の私ですが、

8月末からいよいよバンクーバー生活が始まるので、家探しを始めました。

家探しと言っても、本当に今後ずっと住む家は実際に見学してから決めたいと

思っているので、今回はちゃんと家が見つかるまでの仮住まい探しです。

マスオさんアリエッティとなるわけです。

まだまだゴールは遠いです。

この記事では、僕たちがどのように家探しを行ったかをご紹介できればと思います。

スポンサーリンク

カナダの家探しには、どのようなサイトが使える?

大きく分けると下記二つの方法があるかなと思います。

・JPカナダ(日本人がカナダでの情報をシェアしている掲示板)

・Craigslist  (こちらも掲示板だが、現地の人が多い)

今回僕らはこの二つの方法を使用しました。

結果から申し上げると、最終的に決まった家は、Craigslist経由でした!

二つのサイトどちらにもメリット、デメリットがあると思うので、簡単に比較してみます。

JPカナダを使用するメリット、デメリット

メリット

・基本的に日本人が紹介している物件の為、日本語で手続きが可能

・ワーホリの人など、短期滞在用の低価格物件の数が多い

・ルームシェアも日本人のケースが多いので安心

デメリット

・ルームシェアの物件が比較的多い為、カップル、夫婦で完全プライベートアパートを見つけるのは難しい印象

まとめ

ワーホリなどで初めて海外生活をする方は、このサイトが圧倒的に安心感が強いと思います。

Craigslistを使うメリット、デメリット

メリット

・物件数が非常に多い

・物件タイプの種類が豊富

デメリット

・基本的に全部やり取り英語

・若干サイトが見辛い

まとめ

あまり英語に抵抗がない人は圧倒的にCraigslistの方が物件数が多いので、おすすめです。

後々、家のOwnerに聞いた話によると、バンクーバーに住んでいる人は、引越しの際にまずCraigslistを利用するということでした。

Craigslistって信用できるのかい?

結果的に僕たちはCraigslist経由で1ヶ月間住む家を決めたのですが、

妻の両親からこんなことを言われました。

「本当に知らない人から家を借りるの?信用できるの?」

僕と妻は「やれやれこれだから、頭の硬い大人は」みたいなことを言ってました。

しかし、徐々に時間の経過と共に、妻も確かにこれで実際の家が写真と全然違うじゃん!みたいなことが起きる可能性もあるよねみたいなことを言いだしました。

Craigslistはいつも家を貸してるというよりかは、単発でこの期間だけ貸すよみたいな人が多いので、AirbnbのようにそのOwnerが評価をされてレビューがみれるような機能はありません。

その為、そのOnwerがどのくらい信用できるかっていうのはわかりません。

(ちなみに僕はこういうのは、全て信用しちゃうタイプの人間なので、以前もCraigslistで一年間アパートを借りたことがあります。)

また今回のOwnerの名前がショーンさんだった為、うわっショーンKだ!

それは信用できない!という空気にもなりました。

すいませんこれは嘘です。ショーンKさんにもすいません。

f:id:kota3316:20180804010250p:plain

そんなこんなで、僕らは一つの方法を思い付きました。

そうだ、Ownerとスカイプすればいいんだ!

そうすれば、家の中も見れるし、Ownerがいかにも怪しいやつじゃないかもわかるし!

ということでOwnerとスカイプをすることになりました。

OwnerのショーンKとスカイプ

どんな感じの人なのかなーとそわそわしていると、画面に現れたのは、

  • 超イケメン
  • 超笑顔
  • 超マイルド

見事に三拍子揃ったショーンさんでした。

はいっ即決!

というわけには行かず、妻が色々質問をしました。

例えば、

・この家は誰がOwnerなのか

・デポジットはどのように払えばいいのか

・サインなど必要な書類はあるのか

などです。

ショーンさんは全てに的確に回答してくれました。

ということで、最終的にこの家に決定しました!

 Craigslistについてまとめ

やっぱりこういうCraigslistみたいなサイトには、悪い人は”ほとんど”いないと思っています。

ほとんどと書いたのは、多分少しはそういう人がいるからです。

こういう少しの人のせいで、「こういうサイトには騙すやつがいる!」と感じてしまう人がいるのも事実だと思います。

結論

騙す人がいないという性善説でサービスが成り立っていれば、

色んなサービスがもっと活発にスムーズになって行くのではと感じました。

という何だかよくわからない理想論で締めくくります。 

※下の”海外就職”バナーをクリックして頂けると、
より多くの海外就職を検討している人に
このブログを読んでもらうことが可能となります。
よろしくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村

カナダ生活
スポンサーリンク
Kotaをフォローする
そうだ、カナダに住もう

コメント

  1. […] […]